美容外科への転職活動で学んだこと

美容外科は合わないと考え皮膚科へ転職

美容外科|転職美容外科求人・美容皮膚科求人

現場を見て自分がそこで働いてることがイメージ出来なかった事で、私には美容外科で働くのは無理だと実感しました。
担当者に美容外科へ転職するのは辞めたいと伝え、その後もやり取りをしながら転職活動を続けました。
少しでも美容に携わりたいという希望を持っていたので、最終的にレーザ治療などの自由診療も少し取り扱っていますが、メインは保険診療の皮膚科のクリニックに採用が決まり、今でもそこで働いています。
美容系のクリニックで働く事が夢でしたが、実際説明を聞き、現場の雰囲気を肌で感じてことで自分には合わない世界だと知ることが出来たので良かったと思っています。

有村藍里のやつの再放送見てるけど美容整形外科で働きたい〜

— りんりん (@papipupe66) 2019年4月7日
現在の職場でも美容には少しですが関われているので満足です。
転職活動は自分自身のことを知る良いきっかけになったと思っています。
希望や夢だけではなく現実もしっかり見据えて行動することが成功へと繋がると思います。
まずは希望するところで働く自分が明確にイメージ出来るか、イメージした自分は楽しそうにしているか考えることが非常に大事だと学びました。

興味があった美容外科への転職活動開始 / 自分の第一希望だったクリニックの就職説明会へ / 美容外科は合わないと考え皮膚科へ転職 / 希望する条件で勤務できた美容外科専門の転職サイトでした