美容外科への転職活動で学んだこと

興味があった美容外科への転職活動開始

興味があった美容外科への転職活動開始 / 自分の第一希望だったクリニックの就職説明会へ / 美容外科は合わないと考え皮膚科へ転職 / 希望する条件で勤務できた美容外科専門の転職サイトでした

私は看護師4年目の時、元々興味があった美容外科への転職活動を行いました。
看護師としての経験はあるとはいえ美容領域は全くの未知の世界だったので、情報収集のために美容系に強い看護師専門の転職サービス会社が主催する説明会に参加しました。
その説明会では某大手美容外科クリニックの人事担当者がそのクリニックの業務や取り組み、福利厚生などを詳しく説明してくれました。
一般病院との大きな違いを知ることが出来ました。
美容医療を格安で受けられる、夜勤はないがお給料は多いなど、当時の私には新鮮でとても魅力的に感じられたことを覚えています。

説明会から数日後、転職サービス会社の担当者とも個別面談しましたが、説明会では出なかったようなデメリットと捉えられる話が多く出てきました。
美容外科は自由診療であるため、費用が高額になりやすいですそのため、施術に納得できなかった患者から訴えられるリスクが高いこと、理不尽な暴言を吐かれることもあるということ伝えられました。
またクリニックの利益を上げるためにスタッフ一人一人にノルマが課せられる事が多く、そのノルマが大きな負担になるということも教えてもらい、華やかな世界でもやはり裏側は大変なんだと実感させられました。